La Mia seconda vita

セカンドライフでのメッシュ制作や景観ハント、日々の出来事などをブログに綴っています

 

セカンドライフ百景 「YAMATO Memorial」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

2016年4月22日をもって閉鎖されるとの事で、がっつり収めてきました。YAMATO Memorialには世界大戦時に大日本帝国海軍が建造した最大の軍艦「大和」と、航空母艦の「赤城」が精巧な1/1スケールで展示されています。

YAMATO Memorial

http://maps.secondlife.com/secondlife/YAMATO%20Memorial/22/226/22

※ 2016年4月22日にSIM閉鎖。お疲れ様でした!

SL-yamato02

まず実寸スケールということで、かなり巨大なのです。グラフィックの描画距離をかなり長めにしないと全体が写せない。しかしながら、本物の大きさを体感することができますね。アバターを一緒に写すと某大佐の「見ろ!人がゴミのようだ!」状態です。

あとからkwskしますが手前に写っているのが大和、奥が赤城です。

SL-yamato05

現在はパスポートでお馴染みの菊花の紋章。ちょっと全体的に環境の色味がファンタジーですが、とりあえず艦の細かい造形が際立つような環境で撮りました。因みにコレ関係の知識は全くございませんのであしからず。

SL-yamato06

世界最大(当時)の戦艦と謳われた大和さん、装備もてんこ盛りです。乗員は竣工時2,500名、最終時3,332名。兵装は最終時に

45口径46cm3連装砲塔:3基
60口径15.5cm3連装砲塔:2基
40口径12.7cm連装高角砲:12基
25mm3連装機銃:52基
25mm単装機銃:6基
13mm連装機銃:2基

とのことですが、どれがどれだかわかりません!ここは船の真ん中あたりですが、前方と後方にも長大な何かがついてます。

SL-yamato07

この感じ、FF7の要塞都市ジュノン思い出します。ウェポン来襲時のシスター・レイが素敵!(°∀° ) 私のこれ系(メカ?)萌えの原点はミッドガルとジュノンな気がする。というより、むしろFF7の方が大和から影響を受けてそうですね。

SL-yamato08

シルクハットかぶったブリキ人形の顔に見える (°ω°  ) ちょっとハウルの動く城を彷彿とします。機能的な関係上このデザインなんだろうけど、これはこれでアートのような気もする。

SL-yamato09

てんこ盛り兵装に加えて7機の戦闘機も搭載。こちらは赤城さんと違って甲板スペースがあんまり無いためか、カタパルト付です。因みに兵装だけでなく装甲も分厚いです、ちょっと被雷したくらいじゃ気付かないくらい。

SL-yamato10

シルクハット紳士がこちら側にもwでもこれ敵側からしてみれば、不気味に見えただろうな。しかし、この窓の位置といい、いいバランスの造形だ。

SL-yamato11

うむ、これぞ戦艦というアングルですね。

SL-yamato12

真上。うーん、美しいな。1941年12月の竣工から1945年4月の沈没まで、大和が動いてた期間って実は3年とちょっとなんですね。そもそも完成が第二次世界大戦末期だから時期が時期なだけに短命にならざるを得ないか。

SL-yamato13

よくよく調べてみるとスペックの高さとは裏腹に目立った戦果がない大和さんですが、1941年の坊ノ岬沖海戦にて派手に散ったそうです。今も日本の近海で眠る(ということは、それだけ敗戦に近かったという意味でもありますが)大和さん。近年では引き上げも検討されているとか。

SL-yamato03

続いて赤城さんのターン。航空母艦なので航空機用の巨大な甲板をしょってます。

akagi01

空母なだけあって安定感のあるフォルムです。最大乗員1630名、戦闘機66機を搭載。指令が乗って指揮する旗艦的なポジションのようです。

akagi02

艦といより巨大な建築物。柱の向きが真っ直ぐでなく開いているところがちょっと面白いですね。

akagi03

このあたりに司令官が乗ってたりするんでしょうか?

赤城は1942年ミッドウェー海戦で大破、自力航行不可能となり、翌日味方の第四駆逐隊(嵐、野分、萩風、舞風)の雷撃により処分されたそうです。動けなくなった戦艦は自らの手で沈めてしまうんですね。

akagi04

「ぎかあ」の文字が眩しい赤城さんのおしり。

akagi05

1927年の竣工から1942年まで約15年。ポジションと時期的な関係もあるだろうけど、大和と比べると長生きです。

SL-yamato04

と、各艦をピンポイントで攻めたところで、もう赤城と大和の見分けもついたことと存じます。(左)赤城(右)大和。

SL-yamato14

影を落とすとかなり細部まで作りこまれた細かい造形が際立ちます。

SL-yamato15

赤城の甲板の「ア」がいい感じ。

SL-yamato01

夜明け。工場マニアが必ずおさえるシルエット系。レースのように繊細です。

yamato01

オレンジ系の空もよく似合います。

yamato02

落日のひかりとともに。

 - Gallery ,