La Mia seconda vita

セカンドライフでのメッシュ制作や景観ハント、日々の出来事などをブログに綴っています

アバターの中の人など居ない!
 

アバターの中の人など居ない!?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

この前カフェに行ったらボイス営業中で、色々面白かったです。普通人間って会って話をすると、表情、声のトーン、仕草などなど無意識に色んな情報を拾って相手の状態を感じ取っているわけですが、テキストチャットってそれらの情報をばっさり切ったものなんだなと思いました。

ボイスを聞いてみると、当たり前なんですが「あ、やっぱり中の人人間なんだ」って実感します。アバターとテキストチャットだけだと、どちらかというとRPGとかのゲームに近い感覚かもしれない。

そんな訳で、ビスクドールのような可憐な少女アバターがおっさんボイス(いやおっさんではないが男性)という倒錯的な状況って、それだけでかなりネタになる面白い光景だなと思いました。

ネトゲにはネカマ、ネナベというジャンル(?)があるけれど、単に異性のアバターも着るってだけならそれには該当しないと考えています。アバターあるあるの記事で書いたけど、マリオネット型は自分とアバターにおける境界は割とシビア。逆にガチで性別を偽り通すネカマやネナベってどういう心理なんだろうと興味が沸きました。

白ネカマと黒ネカマ

nenabe

太郎コスみあ子(太郎より髪型が似合ってる件について)

私はたまに性別ガチで間違われていることありますが、リアル性別を聞かれたら普通に答えます。ただ、すっかりそっちの性別だと思い込んでるような相手だと、言い出し辛くなっちゃったみたいな状況はあるかも。因みにこういうのを白ネカマというらしい。最近はカフェの店員さんでも「ネカマorネナベがやってます」などと紹介文に書いているオープンネカマさんもよく見かけます。

対してガチで偽りの性別を演じる方を黒ネカマという。とりあえず意図的に性別を偽る方の、黒ネカマの動機と思われるものを挙げてみよう。

  1. アイテムを貢がせなどしてゲームの進行を有利にする
  2. 女性として扱われることが心地いい(ちやほやされたい)
  3. 出会い厨エロ厨釣り目的
  4. なりきり・ロールプレイの一環
  5. ガチで女性になりたい心の持ち主

4と5はまあそういう事情ならアリかなと思えるけど、何だかんだで一番多く、かつ闇が深いのは1と2な気がする。セカンドライフだと、サブアカウントで女の子作ってアダルトエリアで稼がせてますwみたいなぶっちゃけ話を割と聞きます。女衒か!w

ネカマの特徴とは?

nekama

みあ子コス太郎(完全にアウト)

なにはともあれ「ネカマ」で検索すると「見破り」などのサジェストも表示されるほどに、その正体を見極めたい人は多いようです。「ネカマの特徴」からセカンドライフで「あ、これはそうかも」って思う項目をいくつか。

  • お手洗いが早い
  • 喧嘩っ早い(血の気が多い)
  • ギャンブルや車関係に妙に詳しい
  • PCスキルが高い
  • やたら動き(アバター操作)が機敏
  • アニメ・コスプレ風のアバター
  • アバターのアクセサリーや小物などでの自己主張がやたら強い
  • アバターが謎のファッションセンス(センスがおかしい)
  • 「萌え」を意識したアバターコスチューム

お手洗いが早い

おトイレは別に正直に申告する必要も無いんじゃないかと思いますが(ちょっとAFKとかでもいいと思う)、男性の方が早いという一般的見解。さらにあまりに早すぎるとボトラー疑惑を掛けられますw

喧嘩っ早い(血の気が多い)

続いて二番目。これは意外とネカマ本人が盲点なあるあるだと思う。普段女の子を装っていても、ちょっと頭に血が昇ると男性的な闘争本能がでちゃう的な感じらしいです。女性とて気が短い人やヒステリーで怒りやすい人もいるだろう、という認識からここは気をつけなくても大丈夫とネカマさんは思うのかもしれませんが、論破厨さんとかはかなりネカマ疑惑濃厚。

ギャンブルや車関係に妙に詳しい

パチスロや乗り物関連の話題に食いついてきたらだいぶ濃厚。女子でパチスロに詳しかったらそれはそれでヤバイです。競輪、競馬、競艇とかまできたらもうね・・・・。でもこの辺りはさすがに黒ネカマさんなら隠すはず。

PCスキルが高い

PCスキルに関しては仕事上詳しくならざるをえない女子もいるのでなんともです。例えば3DCGクリエータ系女子なら制作作業用にPC自作したりしますしね。ただ、仕事の関係上必要だから自作する系の層は、スペック萌えしないかもですね。ネトゲ用途なのに必要以上の変態スペックのマイマシンの話しで盛り上がるのはほぼ男性と言えましょう。

やたら動き(アバター操作)が機敏

一般的に男性は女性より空間認識能力が高いです。とはいえ、セカンドライフですごく機敏に動き回る機会って中々ないのでアレですが、3Dゲーを操作するのに長けているのは男性脳です。やたら機動力があるアバターというのもひとつの判断基準かも。

アバターがあやしい

最後4つ、何だかんだで割とアバターで分かりますね。ネカマかどうかはさておき中身が男性の場合、アバターやファッションで個性系・アニメ・コスプレ等のイロモノに走りがち。モデル体型よりも、全体的にちょいふっくら肉付き(Not ぽっちゃり)、小柄、もしくは幼児体型を好む傾向。ありがちなのがやたらバストだけ大きい。揺れ乳に拘る。もしくは貧乳幼児体型。(こう書くとプロファイリングのようだw)

逆に普段着っぽい女子のファッションが、板についているようなアバターはリアル女子だと思います。おめかしファッションより、ナチュラルな普段着の方が実は難しいのがセカンドライフ。なのでネカマの方がトップス、ボトムスなどの複数アイテムを組み合わせて普段着っぽい格好を作るとかなり謎のセンスになっている場合が・・・。リアルな女性のファッションに対する知識がないから、最初の行に戻って、コスプレやイロモノファッションに走るという側面もあるかも。

ついでにセカンドライフにおいては M3さん のアニメヘッドのネカマ率は異常。もちろんM3さんのアニメヘッドの出来はすばらしいし、作者さんには何の非もないのですが、私が出会ったM3さんヘッドの方は中の人がほぼ男性でしたね。

ネカマの見破り方

圧倒的なのが化粧品関連のネタを振る。日焼け止めのSPFを聞く(これは逆に有名になりすぎて対策済みかもw)、愛用の香水を訊ねる、その他色々なコスメグッツ、例えばマスカラやグロス、アイライナーなどの話は、普通の女性なら愛用のメーカがひとつやふたつあるはずです。

また、化粧水や洗顔フォームなどのデイリースキンケアの話題もいいと思います。ネカマさんが「私化粧とかしないから~」と言ったとしても、さすがに化粧水くらいつけるだろ(°ω°  ) いくら化粧嫌いの人でも社会人なら嗜みとして求められますから、そもそも化粧の話題に応じられない時点で不自然だと思います。

結構アリかなと思ったのは、相手のアバターがどうであれ「自分は男と喋っているんだと思ってチャットしてみる」という手法です。「あれ?なんか違うな、こいつは女だな」と思えたら、女。 「ああ、やっぱり俺は男と話しているんだ」と思えたらネカマ。だそうです。これは逆転の発想で斬新ですね。

あとは以前に他のゲームでネカマをしていて、別ゲーに移住してた経歴がある人などは、さり気に過去の情報からネカマだとバレている場合もあるようです。その場合面と向かって「お前ネカマだろw」などと本人に言う人はさすがに居ないでしょうから、ネカマさん本人はバレてないと思っていても実は・・・・という状況なのかもしれません。

皆さん色々気をつけて!(°ω°  )

 - Blog, Tips