La Mia seconda vita

セカンドライフでのメッシュ制作や景観ハント、日々の出来事などをブログに綴っています

 

slinkの男性メッシュボディに、男の子の大事な部分が標準搭載された件について

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

↑彼氏とデートなう。に使ってイイよ! (・∀・)

時事ネタはさておき萌え漫画みたいなタイトルになってますね。タイトル通り、ちょっと前にslinkの男性版メッシュボディに男性器が標準搭載されたそうです。

ゲームの3Dキャラクターに慣れている人ならば当たり前の概念ですが、基本的に3Dの男性アバターの股間にイチモツはついていません。それを欲する者だけがMOD等の裏ルートで装備するというのが定石です。セカンドライフも同様で、おチンを欲する者は個別に購入するわけですね。これを私は着けチンと呼んでいます。ツケマ、ツケビル、ツケチン!(‘∀’ )

因みにこの着けチン、何のために着けるのかなんて聞くのは野暮ですね。着けチンの用途など房事以外の何があろう?(反語)そんな訳で竿の角度が変化したり、パーティクルでおたまじゃくし的な液体が出る機能、芸が細かいものになると流れ落ちる先走りがアルファON/OFFで表現された機能が搭載されていたりするそうです。エロにかける職人の情熱は果てしないですね。何気につけチンはマケプレのトップページ「カスタマーが購入している商品」によく出てるので、結構持ってる人多いんじゃないでしょうか。

それはさておき、これまでは着けるか着けないかの選択が明確だったわけです。だって付けチンを「なにかのついでに」買う事なんて無かったのですから。その意味でslinkの標準搭載は新たな道筋を提示したといっても過言ではないでしょう。

その新道とは「別にチン○が欲しいわけじゃないけどslink買ったらついてたんだよ~」という道です。会社のゴルフコンペの景品だった、ビンゴで当たったなどといいつつ大人の玩具を提示するノリに似ていますね。で、どこで買ったの?アマゾン?

以下男性の全裸アバター(モザイク薄め)画像が掲載されています。背後にお気をつけください。

何はともあれご覧頂こう

まずは従来の状態で。こちらはslink付属のシェイプです。TMPと比較すると同じシェイプでもslinkの方が細身になります。

なんていうかこれがモザイクの限界です。左のHUDの「penis」にチェックを入れるとお玉とお竿が表示されます。

モザイクでわかんねーよ!ってなるかもしれませんが「foreskin」というところにチェックを入れるとお竿におカバーが被ります。いわゆる包茎ってやつですね。

日本人の感覚だと「ププッ包茎w」ってなりますが、割と欧米だと仮性包茎多いみたいですね。「包茎=真性包茎」を指す言葉で、仮性は問題視されていない感じ。うーん、こんなところでインターナショナル。

「pubic-hair」でアンダーヘアーが表示されます。みっしり。他の部位の体毛と合わせて表示すると全体的にとてもナチュラルです。

太郎のシェイプで試したときはボディとおチンが何だかガッカリなバランスだったのですが、メーカー謹製のシェイプだとバランスが取れてます。

因みにお値段ですが、slinkはボディ、手、足と別売りになってますが、全て揃えたとしても L$2800(BODY L$1250、HANDS L$875、FEET L$675)で収まるんですね。裸足やサンダルにならないのであれば足は必要ないのでL$2125にコストを抑えることも可能です。必要に応じて買い足せばいいですしね。

そのお値段でアルファHUDもついていて、OMEGAが使用できる点、老舗なだけにslink対応服も豊富な点などもポイント高いです。

SLink

http://maps.secondlife.com/secondlife/Slink/44/122/24

但し実用不可!

カバーON/OFFという無駄に細かい機能を搭載しているものの、slinkはあくまでこれをビジュアル的なものに留めており、実際に使用(?)するための機能は搭載されていないようです。slink製実用verも販売されていますがこれはメッシュボディ本体とは別売りのオプションアイテム扱い。

あれ?それじゃあ標準搭載のソレって一体何のためにあるの?!

そう思ったあなたの清々しいまでのエロ思考に乾杯☆ どうやら普通に「男の股間がつるつるなのは違和感がある」といった純粋な見た目問題からの需要もありそうです。眉毛なんかと同じで、本来あるべきものがそこに無いと全体のバランスが取り難かったりしますしね。リアルな方向性で考えると体つきは男性なのについてないとなると、宦官など去勢された男性に見えなくも無いです。

実際SSを撮ってみると、確かに絵的に無いよりある方がいいかもしれないって思いました。まあでも、あったらあったでうっかりポロリが怖いですけどね。因みにこれは着けチンと違ってslinkボディから「外す」ことはできません。アルファで透明・不透明をオンオフする方式です。

また、サイズに関してですが、単独この部位に割り当てられたシェイプ値は無いような気がします。股間がもっこりするスライダーがあったと思うんですけど、あれには連動していませんでした。

そんな訳でslinkの男性用ボディを紹介してまいりましたがいかがでしょうか。露出が多くなる夏場にかけて、メッシュボディの購入を検討中の殿方へ参考になれば幸いです♥

 

 - Blog , ,