La Mia seconda vita

セカンドライフでのメッシュ制作や景観ハント、日々の出来事などをブログに綴っています

 

高級メッシュボディのTMPが90%OFFに価格改定された件について

久々にブログの管理画面にログインしたら、ブロックしたコメントスパムに男性器機能増大の商品についての日本語の長文スパムがあってうっかり全文読んでしまった管理人です。この手の日本語スパムは大抵海外からのGoogle翻訳とかで、あわよくばネタになりそうな面白翻訳でも見つけてやろうず!・・・と思ったら意外と日本の会社だった。

因みにこのスパムコメント、どこの記事につけられたかというと「HDD→SSD」の記事。いや、もっとあんだろ他によ。ち○この話題をコメントするなら「slinkの男性メッシュボディに、男の子の大事な部分が標準搭載された件について」の記事とかよ(゚д゚ )クワッ

さて、今回はそのボディの美しさとお値段的な意味でワンランク上のメッシュボディと囁かれていたTMPさんのメッシュボディが大幅な価格改正を行った話題についてです。

余談ですがTMPメッシュボディの話題ということでアイキャッチ画像はTMPボディの太郎を脱がしてみたのですが、何ともBL臭漂う香ばしいアイキャッチになりました/(^o^)\ クラシックヘッドの太郎もそろそろ見納めかもしれません。肩関節がやばい感じに変形していたので、最近女性芸能人の間で大ブームの空間を歪める技を使ったのはここだけの話。

TMPメッシュボディ、メッシュヘッドが一律L$500に

過去の記事で紹介したフリーのメッシュボディはラインナップから無くなっていますが、元L$5000で販売されていたデラックスバージョンのメッシュボディやメッシュヘッドがなんと一律L$500になったのです!

友達と半額セールきたらメンズアバ用に即買うよね~なんて言ってたんですが、半額どころの騒ぎじゃねえ!(゚д゚ ) 既に太郎はメッシュボディ化してあるけどついうっかり買っちゃったよね、500りんりんだもの!

購入はインワールドストアのみで、TMPのフリー メッシュボディ(購入篇)に書いてある通りHUDをつけて購入します。HUDに支払うのではなく、壁のところにあるクレジットを先に購入して、HUDにチャージしてから、HUDの購入ボタンを押して購入する感じです。

The Mesh Project The Shops

http://maps.secondlife.com/secondlife/The%20Shops/128/128/4

膨大なTMP対応服がすべてフリー(※期間限定?)

意外とスルーされているのがTMP公式が発売しているTMP服、靴、アクセサリなどが全てフリー化している点。というより、ぶっちゃけ気付き難いのかもしれません。店のトップからGUYS/GIRLSで移動した先のボディを購入する部屋にあるこの表示↓「THE BOUTIQUE」からテレポートするとそこに到達できます。

Shop HUDをつけたまま、テレポートした先の壁をクリックするとカタログのようにアイテムが表示されます。<>でページ送りができ、かなりの数があります。

壁に表示されているそれぞれの画像毎に違うカタログが開くので、男女全てのアイテムを揃えようと思ったら丸一日掛かりそうな勢い(゚д゚ )

ボディをいじったことがある人なら何となく勝手が分かるかと思いますが、服飾品もTMPの独自仕様となっております。

リストからアイテムを選択して、まずメッシュをアンロックするとベンダーからアイテムが送られてきます。

だがしかし、そこで買えた買えたと安心してはいけません!そのアイテムに適応するテクスチャも購入(フリー)しなければいけません。これは服飾品もボディと同じくStyle mode HUDからテクスチャを適応して完成!というTMP独特のシステムになっているためです。

まあ難しく考えず、なんか使いたいなーって色をポチポチ買っていったらいいと思います。ひとつのアイテムに対してまたこのテクスチャの数も多いので、全色集めようと思ったらそれなりに一苦労です。ファットパックみたいなボタンがあると嬉しいのですが・・・。

とはいえさすが天下のTMP様なだけあって、服飾品のクオリティもSL最高峰レベルで大変素晴らしいです。デザインも程よくカジュアルで使いやすいものが多いです。

最近きたTMPからの通知だとBOUTIQUEのフリー公開は期間限定っぽいことが書いてあったような・・・。なるべく早めにゲットしたほうがいいかもしれません。

BENTO対応していない点に注意

ただし、TMPのメッシュボディおよびメッシュヘッドは現時点でBentoに非対応です。将来的にボディのほうは対応する可能性も無くは無いかもしれませんが一部の風の噂によると、クリエーターさんが行方不明になったためこれ以上開発がされない見通しとか何とか ゲフンゲフン。まあ、あくまで噂なのであまり真に受けないでくださいね。

一応、今後のアップデートには期待しないで購入したほうが良いと思います。TMPは既存の市場で対応品も多く出されていますし、今回値下がったことによりシェアが拡大すればTMP対応品の新規取り扱いも増える可能性もあります。

ただ、私はメッシュボディの中でTMPのメンズハンドが一番きれいで好きなので、BENTO化されないのは残念だなーと思います。

首の境界について注意

クラシックヘッドでTMPを使用する場合は、ボディと首の境界をなんとなくぼかしてくれるタトゥが付属しているのでまあ何とかなるのです。んが、今流行のBENTOヘッドでTMPを使いたい場合は、恐らくかなり厳しいかと思われます。

通常BENTOヘッドのアプライヤーを販売している店は、ヘッドに対応したメッシュボディ用のアプライヤーも用意しているので、まあその兼ね合いでメッシュボディの銘柄を選んだりということもあるのですが、TMPのボディアプライヤーを出しているお店は・・・あるのか?(‘A`) ないかも??

また、TMPはオメガシステムにも対応していないので、他のメッシュボディ用のアプライヤーをオメガで無理矢理TMPに適応するという裏技も出来ません。つまりTMPボディ+BENTOヘッドという組み合わせは、首の境界問題がどうしても発生する茨の道なのです( ;ω;)

ものすごく強引な方法ですが、メッシュボディ二個付けという力技で首の境界を誤魔化せないことはないかも。

  1. BENTOヘッドを装着
  2. ↑対応アプライヤのメッシュボディを鎖骨あたりから下を全部アルファで消す
  3. TMPメッシュボディを鎖骨あたりから上を全部アルファで消す
  4. ふたつのメッシュボディの境界が隠れるようなTMP服を着る

こんな感じで。例として鎖骨をふたつのメッシュボディの境界にしましたが、要はふたつのメッシュボディをアルファのON/OFFでつなぎ合わせて、つなぎ目の部分はメッシュ服を着て隠しちゃえって事ですね。かなり手間が掛かるので通常使いはしたくないですが、どうしてもTMPのこの服を着せたいのよ!って時には試してみるといいかもしれません。

TMPのアルファHUDは首の項目がなかった・・・!↑

アルファHUDが鬼仕様な点に注意

あと個人的にはアルファHUDがちょっと面倒臭いなと思いました。Style HUDとは別にアルファ単体HUDがあるのですが、腕とか胸とか脚とか主要パーツを一気に操作するボタンがない!(‘A`) この膨大に細かく割られたアルファ部位をひとつひとつ消していけというのか・・・(鬼畜)

プリセット登録できるスロット数もそんなに多くないので、結構この点は面倒臭いです。パーツごとオンオフするスクリプトってそう難しいものじゃないので、是非搭載してほしいなあ。あ・・・でも開発ストップの噂ェ・・・。やろうと思えばディベロッパーキッド(のオートアルファのあれやコレで)で作れるのだろうか。出来そうだったら誰か作って(他力本願)

 

 - Blog, Tips , ,