La Mia seconda vita

セカンドライフでのメッシュ制作や景観ハント、日々の出来事などをブログに綴っています

 

セカンドライフのrezテロを通報してみました

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

オンラインゲームにはプレイヤー間のトラブルが付き物かと思いますが、セカンドライフにも様々な迷惑行為があります。

カフェとかバーとかやってると一度はこの手のテロリストに遭遇するものかと思いますが、私は店員時代いかにもなそれに遭遇したことなかったかもしれません。後から「今日テロがあったよー」みたいなのは聞くんですが。んー、単に運が良かっただけか、それとも太郎(男性アバター)効果だろうか。

何にせよこの手合いには感情的になってはいけません、淡々と処理するのが一番!秋になって枯葉が庭を汚したとして、木に対して怒っても仕方の無いことです。自然災害か何かだと思って対応しましょう。

そんなわけで、とある海外のサンドボックスで遭遇したよくある迷惑行為「rezを許可している土地に無数のオブジェクトをrezしまくる」の巻。

secondlife-rezter

ご覧ください、海外のとあるSIMですがほぼSIM全体を埋め尽くす白と黒のテロアイテム。

お店単位のrezテロなら聞いたことあるけど、SIM単位でここまで大規模なのははじめて見ました。SIMの大きさとの比率でわかると思いますが、ひとつがかなりの大きさのキューブです。しかも白黒に点滅してとても目に攻撃的。あと何やら怪しげなスクリプトが入ってます。所有者を調べてみると、生まれてから2日というこれまたいかにもなサブアカウント。

サーバー管理者をやったことある人ならわかると思うんですが、そこにアクセスするということは自分の情報もかなり渡していると考えたほうがいいです。ツァラトゥストラの深淵のフレーズじゃないですが「汝がサーバーにアクセスするとき、鯖管もまた汝を見つめているのだ」という感じ。

まあこれだとちょっと原作の意味合いとは違いますがw サブアカウントは大多数の人間にはバレないけど、一部には確実にバレているということです。

迷惑行為を見つけたら通報しておこう

明らかなテロ行為を発見したら、とりあえず通報しておきましょう。ほっといても土地の所有者が何とかするだろうというのはありますが、ひとりからの通報より複数のアカウントからの通報のほうが、あんまり仕事しないリンデンさんwに対して効果的であると考えられています。

secondlife-abuse01

オブジェクトやアバターを右クリックすることで「嫌がらせの報告」または「通報」のメニューを表示できます。

secondlife-abuse02

通報画面ではスクリーンショットを添付することができますので活用してみましょう。嫌がらせの報告をクリックしたタイミングのスクリーンショットが撮影されます。スクリーンショットを送る場合は「このスクリーンショットを使用」にチェックを入れます。

上の方は大体自動で入力されてますので、間違いが無いかチェック。プルダウンメニューから迷惑行為のカテゴリを選択してください。詳細と概要は、たぶん英語で書いたほうがいいんじゃないかと思います。

通報が受理されるとリンデンからメールが送られてきます。内容的には「ユーが通報した○○の件見たよ!ありがとう!違反行為だったらこっちで対応するね!更にkwsk聞きたい場合はユーに連絡するかも?でもこの通報情報は秘密にするから安心してNE!夜露死苦!」みたいな感じ。

どうでもいいけど、リンデンに日本人スタッフとかっているのだろうか。通報フォームは日本語だけど、日本で書いたら「English please」とか返ってくるところとかあるからなあ。英語スタッフしか居ないんなら最初から言えや (°ω° )

 

 - Blog, Tips